園長あいさつ

お子さまが家庭のつぎに初めて出会う小さな社会が「幼稚園」です。
心も体もめざましく成長を遂げるこの時期に、
たくさんの友だちと関わり合うことで、人間としての基礎づくりをします。
遊園地のように楽しいことばかりでないことも経験します。
一定の秩序に従って、最後まで皆と一緒に成し遂げなければならないことも学びます。
入園の日の不安が、卒園の日の大きな喜びとなってかえってくるように、
日々成長する子どもたちの命の輝きを大切に致します。

教育方針

幼児期の教育は

人間としての土台づくり(しつけの教育)

生き方への種まき教育(心情の教育)

根っこを育てる教育(創造教育)

子どもたちが、初めての集団生活の中で経験する様々なことは、
成長するために何ひとつとして無駄なことはないと信じます。
まずは、当たり前の事が当たり前に出来るように
小さな積み重ねが、大きな力となるように愛情をそそいでいきます。

教育目標

心豊かに、優しく、たくましくを目標に
卒園までに次のような子どものすがたを目指します。

心も体もたくましく ゆたかな子ども

思いやりがある子ども

よく考えて、自らすすんで行動できる子ども


トップに戻る
© 2012-2016 Mitsuba Kindergarten