めざましあそび


「めざましあそび」とは……

自分で考えるよろこび、話す・聞くよろこび、
表現のよろこび、友達とかかわるよろこび、
困難を克服するよろこび
にめざめる教材です。

“シール” ”カード“ ”ルーレット” “おはじき”
“パズル”などの副教材のもつ特徴を
ふんだんに活用して、
子ども自身の手で操作しながら
調べたり、作ったり、遊んだりします。

ピアジェの発達理論に基づいて、分類・順序づけ、
対応などの論理的操作や、数量などへの感覚が
ごく自然に養われていくような
配慮が加えられています。

セカンドステップ


「セカンドステップ」とは……

暴力防止を狙いとした教育プログラムで、
20年前にアメリカで開発されました。
「暴力防止」を目的としていますが、
「怒ってはいけない」「暴力はだめ」
と頭ごなしに押し付けるのではなく、
生活するための円滑な対人関係や、
社会への適応力を子ども達が体験的に学び、
身につけていくことを主眼としたプログラムです。

 

写真は例えとして
セカンドステップの進め方を簡略して
説明しています。
実際は先生と園児との会話のキャッチボールが
複雑に行なわれております。

音体教育

音体教育 音体教育とは……

友だちと一緒にひとつの目標に向かって取り組む中で、
協調心、忍耐力、集中力、自立心など
生きていくための支えとなる力が育って欲しいという
目的を持って行います。


トップに戻る
© 2012-2016 Mitsuba Kindergarten